【とある風俗の玉手箱】第7回、嬢に点数をつける抜き打ちテスト【嬢を採点!?】

Pocket

第1回、それがデリヘルなのネ!?(前編)

第2回、それがデリヘルなのネ!?(後半)

第3回、性風俗の名称

第4回、箱ヘルはまだ登録可能だった!?

第5回、嬢のリアルを感じる写メブログ

第6回、看板の流行は2次元キャラ

とあるデリヘルで遊んだ時のこと

1回戦終了後のお話タイム的なノリになると、『おにーさん、覆面調査員じゃないよね??』と話す嬢に、ボクはたぶんハトが豆鉄砲を食らった表情だったはず。だって、それほど手馴れていたわけでもなく、かといって常連のような仕草だったわけでもなく、値切ったわけでもない(笑)。さらに言えば、ホンバンを強要したわけでもなく…。

20160707003

サービス向上のための手段!?

『え!?なにそれ??』当然の質問返しである。『うちのお店って、系列店舗がたくさんあって結構大きいグループ店なのよ。だから、時々、私達には内緒で調査にやってきて採点していくらしいのよ』。実に興味深いではないか!!話を要約すれば、規模の大きくなってしまった系列店だが、細部にわたるまでサービスが行き届いているか、という調査を自主的に実施しているというのだ。「意識が高い」といえば高いのだが、採点化することでより良いサービスに繋がるのだろうか?今のところ、外部にその採点結果が発表されている様子はないので、あくまでも社内またはグループ内でのサービスと嬢の管理におけるものなのだろう。

 

覆面調査員は『最○枠』でやってくる!?

ドキマギしながら語る嬢によると、それは嬢のスケジュール上のある特定の時間を狙ってを狙って、予約を入れてから調査にやってくるらしい。それが、嬢のその日の最終枠となる時間帯。つまり、12:00~17:00の嬢ならば、16:00ないしは17:00あたりを狙うらしい。「今日はこれで上がり」という安堵と開放感が生まれる時間帯ともいえ、普段はキチンとこなしている嬢でも、ちょっとした気のゆるみも出てしまいそうなタイミングでもあるのだ。よく言えば、ちゃんとお店のスケジュールを考えてるし、嬢自身にも迷惑が掛からない配慮といえる。これはすでに嬢の間で、実しやかにささやかれている事実で、実際に「あやしいな」と思った数日後には、やはり点数が告知されていたという。

 

20160707002

 

一般客と何ら変わりはない

コース選択は、価格設定の真ん中のどちらかというと60分を超えるロングコースで、めぼしいオプションをいろいろとトッピングしてくるという。ホテルはややキレイめでいろんなプレイも可能な広めの部屋。容姿は、20代後半か30代前半くらいの中肉中背で、スーツではなくラフな私服だったという。もちろん、毎回同じ調査員が来るわけではなく、嬢と顔を合したことのない系列店のスタッフがかわるがわる行っているらしい。その時は、ほかの客のようにがっついた感じでもなく、どちらかというと「お任せ」的に身を任せてきたそうだ。選択されたコース内容をこなす嬢、他の客となんら変わりのない調査員…、いったいどこをどういう風に採点するのだろうか?

 

20160707004

調査内容の全貌とは…!?

その嬢曰く「おそらく、まずは接客態度だと思う」。つまりお店の看板を背負う嬢のユーザーに対する接客態度を見る。そして、コースに明記されたサービスをキチンと行っているかなどがメインなのだそうだ。確かに、嬢によってはその日の体調や疲労度も大きく左右するサービスだけに、「できれば、楽をしたい」というのも心情である。本来は、リップサービスで濃厚に行わなければならないコース内容なのだが、「ちょっと口内炎が…」なんて言いながら、手コキでフィニッシュさせようなんて嬢も中には居る可能性もあるだろうし…。

 

覆面調査001

ユーザーとしてはメリット大だけど…

この嬢のように誰しもに『アナタ、調査員?』なんて質問を投げかけて、内訳を話してしまえば、必ず模倣犯・愉快犯が登場するに違いない。悪さをしない事を願うばかりではあるが…。しかし、この調査を逆手にとると、ユーザー側としては、常に手を抜けない、という嬢たちの心理のおかげで、キチンとした濃厚なサービスが受けられるからメリットは大。嬢としては、誰が調査員かわからない、でもいつ採点されるかもわからい状態というのは少々酷かもしれないが、キチンとしたサービスを行うための精神面での勉強、といってもよいだろう。その反面、そーいうことに神経をとがらせながら、プレイをするというのもなかなか気苦労の多い事ともいえる。

 

採点された点数の行方

覆面調査員によって、内密に採点された嬢ではあるが、ではこの採点結果は何を意味し、そしてどこで発表されるのだろうか?まず採点結果は、こそっと店舗の待機所にある「今月の成績表」的なものに付加されているという。この成績表とは、例えば6月期に○○ちゃんは何回予約を取って、何回出勤した、というものをグラフ化したものだという。自分の名前のところに唐突に「85点」とか掲げられても…というのが嬢たちの心情ではあるが、そこそこの点数が掲げられ及第点となり、受付のスタッフもお客に紹介しやすい。そして、その点数は知らぬ間に集計され、気づかぬうちに女の子キャストのランク付けになっているという。ユーザーからは見えないモノなのだが、こうして意識高くお店を運営してくれている、という一面を垣間見れたのはスゴイ事だと思う。

 

 

今回の玉手箱の中身:サービス向上の一環、それが風俗店舗流の覆面調査員!!

 

 

 

< P R >
セクサロイドな彼女 ダウンロード販売

コメント下さい

匿名投稿可能。メールアドレスを記入した場合管理者にのみ通知されます。タレコミ・リクエスト大歓迎。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>