【風俗ネタの取り扱われかた】昼、介護職。夜、デリヘル嬢。【家田荘子】

Pocket

第1回 西村賢太
第2回 風俗と貧困女性
第3回 匿名の彼女たち
第4回 イメクラ五人廻し
第5回 寂しすぎてレズ風俗に行きました
第6回 神は局部に宿る
第7回 ドM漫画。エムさん。
第8回 絶頂時にくも膜下出血!実話風俗漫画くも漫。
第9回 震災風俗嬢
第10回 光ラズノナヨ竹

昼、介護職。夜、デリヘル嬢。読んでみました

以前、風俗事件簿で紹介した、家田荘子さんによるルポルタージュ、昼、介護職。夜、デリヘル嬢。

実際に読んでみましたけどなかなか凄まじい内容でした。

41cDxoZcPsL

出典 Amazon.co.jp



介護の現場の問題点(主に性に関したもの)、介護とデリヘルの二束のわらじを履く方へのインタビュー、家田先生の潜入取材が主な内容です。

出てくる嬢はカサブランカグループ在籍の方です。
(カサブランカグループの社長、長谷川華さんも名物社長として書籍などを出しているようですね。)

登場する高齢者の皆さん性欲旺盛です。
老人となっても人間の性欲ってなくならいんですね。
公に語られる事も少ないですし、我々も老人にそんな事を聞く機会はあまりありません。
でも現実にあるんですね。(勿論個人差はあるのでしょうけど)

家田荘子先生、震える

家田先生も訪問介護に潜入取材をして、恐ろしい体験をしたようです。

私の唇は震えていた。細くてか弱いお爺ちゃんと思っていた佐藤さんが、逞しい「男」を剥き出しにして私に迫っている。

極道の妻たちを書いた家田先生を震えさせる佐藤さん、なかなかの人物です。

他のヘルパーにも、やらないか?と3万円出した後やりすぎだと1万円を引っ込めたというエピソード、奥さんとのSEX話をヘルパーに聞かせたりと、性への飢えがハンパではありません。

この佐藤さんは特別面白くて、印象的ですが他にも性欲をもてあました高齢者は多く出てきます。

介護とデリヘルの関係

その大変な介護現場を皆に知ってもらって改善される方向に持って行きたいというのが主な主題のようです。
それもとても大事な問題かと思いますが、やはり風俗速報的にはデリヘルとの関わりが気になります。

ここでインタビューしている女性対は風俗と介護を上手にバランスよくやっている方が多くてなんだか嬉しくなりました。
金銭的にもそうですが、デリヘルのお仕事をする事によって、いたずらしてくる老人にも寛容になれたという人もいます。
寛容になりすぎて、介護士なのに手で射精をさせてあげる事もある…という女性もいました。自分が老人だったら最高に嬉しいですがバレたら問題になりそうです。でもそれも現実なんでしょう。
おばさんになってしまった後、にこのお仕事を始めて、女としての自信を取り戻した人もいました。

デリヘルで働くことがプラスに作用するのは風俗好きとしては嬉しくて歓迎したい事ですね。

高齢者の性

現在自分ではまだ老人になる事をリアルに想像するのは難しいですがいつかその時はきます。

高齢者の性という見たくないものをなかった事にするのではなく、それにもちゃんと向き合おうという意見などは大いに賛成したくなります。
たまにでいいので…年をとってもエロい事したいです…。
この流れがどんどん浸透していったら50代以上の風俗嬢ニーズも増え、嬢としての寿命もどんどん伸びていきそうです。

安倍晋三首相も介護離職ゼロという施策も掲げてはいるそうです。
それでも直ちに現場が改善されるわけではないでしょう。
介護の問題はこちらの本の中でも再三指摘されております。

そちらの問題も大変に重要ですが、個人的にはそこからこぼれてくる老人と性という問題に大変考えさせれました。
お爺さんになっても、たまにでいいからエッチな事をしてみたいですねぇ。

< P R >
夏のオトシゴ ダウンロード販売
セクサロイドな彼女 ダウンロード販売

コメント下さい

匿名投稿可能。メールアドレスを記入した場合管理者にのみ通知されます。タレコミ・リクエスト大歓迎。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>