【風俗事件簿】大阪市立小学校の女性教師が風俗店でアルバイト【停職処分】

Pocket

「借金あってやめられず」大阪市立小の女教師27歳

日刊ゲンダイによると、大阪市教委は10月31日、大阪府内のファッションヘルス店で働き、報酬を得ていたとして、同市立小の女性講師(27)を停職3カ月とする懲戒処分を発表したとのこと。

この“女教師”は今年3月、大阪市で講師登録し、4月から市内の小学校で教鞭を執っていたという。

女教師

発覚の場面なんて、まるでAVのプロローグ。

記事によると、ある日、関係者が仕事を終えた女教師を尾行。府内のヘルス店に入ろうとしたため、「このお店で働いてるんですか?」と声を掛けた。すると、女教師は驚いた表情をしながらも「ハイ」。関係者が続けて「○○小学校に勤めてますよね?」と聞くと、戸惑いながら「そうです」。「兼業が禁止されてることはご存じですよね?」と聞くと、「ハイ」と小さな声でうなずいたという。

ドッキドキの展開だね。
ボクがその関係者ならすでにギンギン。
「バラされたくなかったら、、」なんて言っちゃうかもね。

ヘルスで働き出した理由については、「禁止行為と知っていたが、借金があり、辞められなかった。信用を失墜させてしまった。子供を指導する立場として示しがつかない行為で反省しています」と話したという。

社会通念的には女性教師さんは反省してもらわなくちゃダメなんだろうけど、
ボク的には興奮させてもらったんで、感謝したいくらいだよ!

女教師玩具化計画 明里つむぎ

明里つむぎ

2,480円~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。