【風俗速報】風俗面接の採用・不採用がわかる【記事】

Pocket

fusaiyou1

一般的には風俗嬢は誰でもできるとまでは言わないにしても敷居の低いものと思われてるかもしてない。
けど、中には凄い神経を尖らせて女性に対して接しているお店もあるんですよね!

以下ソース

電話やメールで面接希望は日々2-3件、実際に面接に足を運んでくるのは50%弱くらい。一般社会だと面接日程を決めたら必ず行くのが常識だけど、ここ最近の風俗は来ない確率は高い。4-5年前は100%に近い確率で面接を実施したけど…

この状況から判ることは、社会人としての資質に欠ける人物が風俗嬢に多く入り込んでいると言うこと。重複するけど、4-5年前のルックスも含め、人格的にレベルが下がっているので、以前から「人としてダメな女が風俗嬢」と口にする輩もいたが、当時はそんな印象は感じられなかったが、最近では頷くことも仕方がない気がする。

十数年デリヘルで面接をしていると、初見でだいたいの収入が読めたりしていたけど、最近はそれ以前に面接の日程を決める段で、採否が読めたりする。というか、ほぼ読める。

面接しても不採用率が高い女の特徴

面接日程を決めるメール送る時点で「稼げますか?」「バックは幾らですか?」などの金に関するコメントがあったら、まず稼げるレベルではナイ。求人サイト経由でメールや電話をしてきた時に、サイトで説明をしている内容を再確認してくるのも不採用の確率が高い。あげたらキリがないが、全体的に自分自身の情報を与えずに、得られる情報を得ようと試みたり、確認や確証を欲しがるような傾向にあるタイプは不採用率が高い。

未経験女性との申告(本当か嘘かは判断できない)で、電話で色々と相談ノリで話をして良い人風な雰囲気を与えようとしているオンナも大概がダメ。

以前は未経験の女性は、比較的稼げる確率が高かったのに、マーケット状況とは別の理由で稼げる資質じゃナイのは、ゆとりだから?とか思ったりもする。

メールで応募した来た場合、やりとりのレスポンスが遅いのも事情や状況もあると思うが、ダメな場合が多いような気がする。

面接前半で不採用を決断する時

ドアの開閉が雑、着用している服が貧乏臭いまたはセンスが無い、生足、化粧直しをしていない、いつ美容院に行った?と思うようなヘアースタイルなどなど、姿かたちも商売道具というか、何のテクニックも無いんだったら、見た目をより良くすることしかナイのに出来ないとか、怠るとかと言う神経のオンナは、対面した時点で断りの理由を探すのが、私のお仕事になる。

前の店に長期在籍していたのに退店した後で、店を探している場合もダメじゃないけど、まぁ稼げるようにはならない。掛持ち希望もほぼダメ。両方とも採用したとしても弾数としてだから、良客には絶対に入れない。フリーや利用頻度の低い客を中心に、コール漏れを防ぐ要員的な扱いでの採用。

入店させちゃって稼げないのが即判る時

家庭環境や本業の都合ももちろんあるから、仕方がない場合も多々あるが、比較的時間が自由になる専業風俗嬢の出勤時間が13:00からとか、最終受付18:00前とかで出勤予定を入れてきたら、失敗したと思う。その瞬間に力の入れ具合が完全に変わる。

たまにいるのが、OLと同じ時間帯な感じで出勤したいと思ってる。。。とか言い出したりしたら、完全にフォローはしない。そんなんで稼げる自信があるんだったら、頑張ってみたらイイんじゃん♪大体がルックスが残念な場合が多い。

5年前後くらい前に風俗を辞めて、復帰してきた元風俗嬢も大概は使い物にならないコトが多い。5年以上前は、適当に出勤してても稼げた時代。そんな時代にそこそこの収入を手にしていた風俗嬢は、稼ぐための努力はせずにカネを手にしてたから指名を取るという意識も無ければ、以前は稼げてたから自分はそれなりのレベルと勘違いしてたりする。

今後の方向性を再考する必要あり

全体的な面接希望のレベルが下がっているから、それなりの料金体系でそれなりのバックとなると、必然的に本数稼がないと美味しいとは言わないまでも馬鹿らしいし、そのレベルと日々顔を突き合わせるのは罰ゲーム以外の何物でもない。最良の選択肢は、レベルの高い女性だけの高級店。もちろん客の所得層も高くなるし、性格はともかく在籍嬢と顔を突き合わせても見栄えがすれば良しとする。別に付き合うわけじゃないんだから性格なんてどうでもイイ。

以前から格差が大きくなると言われ続けているけど、本格的に格差社会が表立ってきたような動きが見え始めてるのは私だけじゃナイと思う。現実となった時、ドッチにいるのかは、今からでも遅いくらいだと思うけど、実行に移さないと間に合わないかも。。。な不安をチョットだけ感じてるデリヘル経営者でした(^^)v

ソース
http://www.favfun.net/ng-jou/