【ニュース】ヒメシエスタの考える女性の性【女性用風俗】

Pocket

ryo-top

女性用風俗店「ヒメシエスタ」の男性スタッフの語る女性の性。
悪いことが書いてあるわけじゃないけど、だったら男性も一緒だよ?って感じの記事。

以下ソース

『ヒメシエスタ』は、日本でも数少ない女性専用の風俗店である。
僕は女性オーナーのエリと共に、ヒメシエスタに設立当初から関わってきた。

女性のお客様がヒメシエスタに来られる目的はさまざまだ。
「気持ち良いセックスを体験したい」「ストレスを発散したい」「非日常を楽しみたい」という女性。
また、「癒し」や、「安らぎ」「安心感」を求めていらっしゃる方も多い。

ただ一つ言えるのは、単に性的サービスをだけを求めている女性はいないということだ。

「セックスがしたい」
「抱きしめられたい」

という気持ちの奥には、どうしようもない寂しさや、性的な悩み、コンプレックスが潜んでいることが多い。

僕は『ヒメシエスタ』の男性スタッフとして、700人以上の女性のカラダとココロに寄り添ってきた。
本コラムでは、その経験を元に、「女性にとって本当に気持ちいいセックス」について綴っていきたいと思う。

ーーー

 あなたは「女性向け風俗」に、どんなイメージを持つだろうか?

 お金持ちのマダムが、若いツバメをはべらせている。
 もしくは、欲求不満の人妻が、男性を漁りにやってくる。
 スタッフは、AV男優顔負けの派手なテクニックや、あっと驚くような技巧で女性を喜ばせている……

 そんな情景を頭に描く読者も多いのではないだろうか。

 期待を裏切るようで申し訳ないが、実際には、ヒメシエスタにいらっしゃるお客様も、そこで働く僕らも、普通の人だ。

 ごく普通の女性が、なぜ風俗を利用し、普通の僕が、なぜヒメシエスタで働いているのか? それは、本コラムを読んでいただければわかるはずだ。

 第一回は、まず、僕が女性向け風俗を始めるに至った経緯をお話しようと思う。

セックスが上手なカウンセラー

 7年前、僕はミクシィで性の悩みを語り合うコミュニティーを主宰していた。参加者の女性から寄せられる、セックスに関する悩みに答えるうちに、ネット上だけではなく、対面でのカウンセリングを依頼されるようになった。

 セックスレスの悩みを聞いて欲しいと、大阪から深夜バスで上京してきた30代の主婦もいれば、処女であることに、強いコンプレックスを抱えている女子大生もいた。

 20代のOLから、「オーガズムに達したことがなく、彼からお前の身体はおかしいと言われた。普通の女性に比べて、私のアソコは変ですか?」と真剣に尋ねられたこともある。その様な活動を続けるうち、口コミで評判になり、実際にお会いした女性は700名を超える。

誰にも言えないセックスの悩み

 セックスに悩みを抱えている女性は、想像以上に多い。セックスレスや、パートナーのEDでセックスしたくてもできないという女性もいれば、逆にセックスが痛くてつらい、濡れない、感じないという人もいる。

 セックスについて、パートナーと率直に話し合えるという女性は、とても少ないのではないだろうか?

「彼のプライドを傷つけてしまうのではないか」
「夫の機嫌を損ねてしまうのではないか」

 相手を思いやるがゆえに我慢してしまったり、セックスに関して、女性側から意見を言ったりすること自体、恥ずかしいことだと思っている人も多い。

続きはソースから♪

ソース
http://mess-y.com/archives/17155