【ニュース】業界初のくすぐり風俗を起業! デリヘル界の風雲児・エレガンス宮本氏が語る「女の子が楽しんでくれれば、お客様も楽しめる」の真意とは!?【おもしろ】

Pocket

0107joseifuzoku_fla
『No.1風俗店長が極めた 女性にキモチよく働いてもらうマネジメント術』

今からおよそ10年前、デリヘル激戦区の渋谷でニッチなサービスを売りにする風俗専門店が誕生した。その名も『くすぐり宅配便』。店名からもわかるように“くすぐり”をメインサービスとしたデリヘルだ。

 今回インタビューに応じてくれたのは、その『くすぐり宅配便』で店長を務めるエレガンス宮本氏。昨年11月に『No.1風俗店長が極めた 女性にキモチよく働いてもらうマネジメント術』(こう書房)を著し、デリヘル界の風雲児として注目を浴びる人物だ。

 一般企業でさえ、起業から10年以上生存しているケースは30%に満たない(05年経済産業省調べ)。入れ替わりの激しいデリヘル業界では1%ほどだとも言われている。そのなかで“くすぐり”という特殊な風俗で10年も生き残ってきた秘訣と、ベールに包まれたサービスの実態を直撃した。

──くすぐり専門風俗店を起業しようと思ったキッカケをお聞かせください。

エレガンス宮本(以下:宮本):僕の直感ですね(笑)。テレビの深夜番組でくすぐりビデオの特集を観てハマっちゃったんです。

――オープンするうえで特別な準備はなさったのですか?

宮本:特にこれといったことはしてません。ただ、女の子を集める前にウェブ上でオープン告知をアップしていたので、もうやるしかないって感じでしたね。

――女の子が集まっていない段階でのオープン告知とは思い切りましたね。

宮本:サービスがくすぐりなので、正直マーケティングもやりようがありませんでしたし。一生懸命女の子を募集しましたね。

――募集の方法は?

宮本:本当に求人広告だけですね。うちはサービスがソフトなので、女の子も門を叩きやすいんだと思います。ですから、何とかオープン前に女の子が集まってくれました。

――オープン当初から軌道に乗りましたか?

宮本:おかげさまで、くすぐり専門のネット掲示板で話題になりまして。お客様はマニアの方が多いですから、くすぐりに関する情報には敏感なようです。その点はニッチなサービスを売りにするメリットだと思います。

――くすぐりマニアの心をくすぐるサービスとは、どのようなものなんでしょう?

宮本:うちは女の子をくすぐるSコースか、女の子にくすぐられるMコースかをお客様が決めるシステムになっています。Sコースを選ばれるお客様が多く、拘束や目隠しをすることができます。

――いわゆるヌキはあるんでしょうか?

宮本:手コキまでは基本サービスとして行なうようにしています。でも、実際にヌイていかれる方は半々くらいですね。

――え? 風俗なのにヌカないんですか?

宮本:そうなんです。くすぐりたいという性癖を満たしに来られる方ばかりなので、ヌキはあまり必要ないんだと思います。それよりも大切なのは、イチャイチャできたり、お客様がくすぐって本気で笑ってくれたりすることなんです。以前「笑い方が演技っぽい」というクレームもあったくらい、ディープな世界なんですよ。

――でも、目の前に拘束された全裸の女の子がいたら、勃起してしまうのが男のサガだと思うのですが…。

宮本:もちろん皆さん、勃起してくれるみたいです。ギンギンになっていてもヌカないんですよ。

――もう…本当にディープな性癖ですね。

宮本:偏った言い方かもしれませんが、うちのお客様は、とてつもなく妄想力の豊かな方が多いのでは、と思っています。お客様の多くは『ルパン三世』のアニメで峰不二子がくすぐりの拷問にあっているのを観て、くすぐり性癖に目覚めたと聞きます。その原点を追い求める上で射精行為は必要性が薄いのでしょう。射精してしまったら、その時点で妄想が途絶えてしまうかもしれませんから。

――でも、射精がないということは終わりがないですよね。くすぐる時間に制限などは設けてないんですか?

宮本:そのような制限は設けていません。でも、うちのお客様は皆さん優しいので、だいたいキリのいいところでやめてくれるんです。峰不二子ではありませんが、くすぐりは拷問にもなりますからね。かつて120分間ずっとくすぐり続けたという人もいて、そのときはさすがに「ご勘弁ください」とお願いしました。

――しかし、風俗業界で働く女の子に話を聞くと、よく「変態は正直キモチ悪い」という意見を多く聞きます。

宮本:うちの女の子に、そういうタイプはあまりいませんね。むしろ楽しんでくれている節がありますよ(笑)。

――それは宮本さんのマネージメント力があってこそなんでしょうね。

宮本:ありがとうございます。やっぱり女の子との接し方には細心の注意が必要ですからね。詳しくは僕の本(前出『No.1風俗店長が極めた 女性にキモチよく働いてもらうマネジメント術』)を読んでほしいんですけど(笑)。

 ただ、お客様も女の子にプレイを心底楽しんでほしいと思っているでしょうから、単なるヌキ目的のデリヘルよりも、うちのような店に来てくれる方もいるのだと思います。そういう意味では女の子との接し方は経営者として、細心の注意を払わなければいけません。実際に10代から8年以上も務めてくれている女の子も在籍していて、彼女は後輩の指導なども積極的にしてくれるようになりました。育てるというのはおこがましいですが、キモチよく働いてもらうことがサービスの向上につながると考えています。

 リピーターの多い『くすぐり宅配便』は、月3回ほど訪れるヘビーユーザーもいるという。たしかに一般的な読者にとって、くすぐりという性癖は理解しがたいかもしれない。しかし、裸の女の子が心の底から楽しんでイチャイチャしてくれると思えば、事務的なヌキサービスで終わってしまう風俗店よりも、考えようによっては楽しめるかもしれない。風俗といえばヌキだという固定観念にとらわれず、新たな刺激を求めて“ヌカナイ風俗”を体験してみてはいかがだろうか?
(文=中河原みゆき)
■「くすぐり宅配便」HPはコチラ
(18歳以上の方)

ソース
http://www.menscyzo.com/2015/01/post_8941.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。