【ニュース】40年後はロボットにヌいてもらう世界!?【風俗】

Pocket

6a01053609531f970c011168fd00b7970c-800wi
ロボットデリヘルなんてのも話題になったが、こちらは本当のロボットの話題。
未来都市では人手不足で風俗もロボットに頼ることになるだろうというオーストラリアの教授の発言があったそうな。想定してるのが2050年……風俗嬢ってむしろ増えてない?しかも、ロボットに仕事奪われてより増えるんじゃない?

下記ソースは2008年のものと少々古いための原文へのリンクが切れているが、2012年版のものが
http://www.tomorrowstourist.com/
で確認できる。
風俗に関する言及は以下の部分。

In 2050, The Yub-Yum club, a sex club for business travellers where entry costs €10,000 for an all inclusive service in which patrons are ‘serviced’ by android sex workers; as a result, HIV and human trafficking is no longer a problem.

「2050年、出張客向けのセックスクラブ『ヤブヤムクラブ』では、1万ユーロの登録料で常連客と同様にアンドロイドとヤれます。アンドロイドにヌいて貰えばHIVや人身売買はもはや問題ではない!!」

……まあ、理系の人の考えそうなことですな。ロボットに1万ユーロ……
あと「in which patrons are serviced」ってのがちょっとこの研究者の闇を感じさせるような。

原文のほかの部分もなかなか夢見がちで面白いのでぜひ読んでみてほしい。
あと、これを読んでときめいた人はロボットデリヘルオススメしますよ。

以下ソース

むむむ。

オーストラリアで行われたTourism Futuresコンフェレンスで未来学のIan Yeoman教授が独自の見解をコメントしてます。
極論で言えば、とYeoman教授自身も認めた上で、Yeoman教授曰く、人間の労働力が不足するであろう未来では、ロボット工学はとても重要で頼るところが多くなってくる。例えば風俗ロボットや売春ロボットも考えられる。(性病の心配は減りますね。)

Yeoman教授の未来予想は2050年を想定。今から約40年後ですよ。
ロボットが人間の便利さと欲望を全て満たす未来はくるのでしょうか?それ以前にその未来はいい未来なのでしょうか?
ロボットの究極の使命は人間の代わりになること?
ロボット好きとしては、なんかいろいろ考えてしまいます。

その他にYeoman教授は未来では地球温暖化、高年齢化、食料・水・燃料の問題が原因で、インドア遊びが大ヒットすると予想しています。人工の屋内スキー場に人工海の屋内クルーズ。
さらに部屋にいる人の気分に応じて色が変わる化学壁紙も予想してます。もう、なにがなんだか!

未来という言葉に夢や憧れだけではなく、すこし恐怖も持ち始めたのはいつからだろう…。

ソース:http://www.gizmodo.jp/2009/08/post_5999.html

One thought on “【ニュース】40年後はロボットにヌいてもらう世界!?【風俗】

  1. Pingback: 【ニュース】夢のセックスロボットもう作ってるけど反対され中【未来の風俗】 | 風俗速報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。