【ニュース】フーゾクの女のコとの恋愛もアリ!? 日本フーゾクの今と魅力を知る【書籍】

Pocket

1219fuuzoku_fla
※画像:『いかなくても解る図説風俗マニュアル』三和出版

日本はフーゾク大国である。
 もちろん異論はあるだろう。オランダの飾り窓やアメリカのコールガール、アジア諸国の売春事情…。世界を見渡せば、日本の規模など小さいと言われるかもしれない。
 しかし、海外のフーゾクはあくまで本番(=セックス)が目的であり、暗黙はされていても公的な認可を受けていないケースが多い。対する日本では、本番を禁止とすることで、公的機関から認可を受けて営業している風俗店がほとんどだ。全国津々浦々の主要都市部を訪れれば必ずといっていいほど、妖しいネオンを見ることができる。
 さらに、日本のフーゾク店は本番禁止であるがゆえにさまざまなジャンルが発展してきた。王道のソープランドやピンサロ、イメクラにデリヘル、広い意味ではここにキャバクラやJKリフレなどを加えてもいいだろう。フーゾクに対してこれだけオープンな国はこの地球上で日本以外にないと断言できる。
 警察白書によると、届出のある性風俗店は全国で約3万件(平成23年度)。18~55歳までの女性のうち68人に1人が勤務経験があるといわれている。届出のない店舗や人数を考えると、その数はもっと増えるはずだ。多少の金と18歳以上という条件をクリアすれば、日本人男性はすぐに女性の裸体にありつくことができるのである。
 ところが、いまだに風俗というだけで敷居の高さを感じてしまう男性も多いと聞く。エロに敏感(?)なメンズサイゾー読者には信じられないだろうが、フーゾクに行きたくても行けない男性がいることも事実なのだ。
 そんな悩める男性にとっておきの本が、11月28日に発売され、密かに話題を呼んでいる。『いかなくても解る図説風俗マニュアル』(三和出版)である。

「この本の企画意図は“行きたくても行けない”とか“行きたくないけど、どんなサービスがあるのか知りたい”という読者に向けて製作しました。ソープランドからSMクラブ、おむつプレイ専門店などのマニアックなジャンルのお店まで紹介しています。500万円以上も風俗に費やしてきたライターを中心に、風俗の歴史からプレイ内容、勤務する女性のタイプまでを解説しているので、フーゾク未体験でも疑似体験できる本になっています」(担当編集者・平林幹雄氏)
 いわゆる風俗解説本なのだが、その内容はこれまで出版されてきた類書とは一線を画している。驚くべきはその分類だ。性風俗店を「SEX目的の風俗」「SEX目的でない風俗」とオブラートに包むことなくジャンル別に紹介している。しがらみの多い風俗情報誌では、なかなかできない試みだ。
 さらに「立ちんぼ」や「ちょんの間」など、非合法フーゾク店のシステムもわかりやすく解説されている。現在営業している風俗のあらゆるジャンルを網羅している点も特筆すべき点であろう。
 担当ライターの鈴木亨治氏は言う。
「この本の根底にあるのは、風俗で働く女性に対するリスペクトです。これまでの風俗本は、女性がどれだけエロいか、あるいは悲惨な人生を送っているかを描いてきました。現実的な側面をありのままに書いた本があまりに少なかったのです。ルポルタージュも多く見かけますが、それはあくまで特定のお店で経験したことにすぎず、実態は広告にしかすぎないことがほとんどです。
 しかし、フーゾクで働く女性がみな、単なるスケベであったり、不幸な境遇を過ごしてきたわけではありません。あくまで現実にどのような女性が、どんなサービスをしてくれるのか。そこに着目して、客観的かつシンプルに書かれているので、この本を読むだけでフーゾクのジャンルによる傾向を掴むことができるのです」
 筆者がとくに興味深く読んだのは、フーゾク嬢との恋愛について触れている点である。ネット上ではよく“汚い”とか“ありえない”などと言われがちだが、本書ではフーゾク嬢のことを“あくまでフツーの女ノコ”と評している。プライベートでは一般の女性と何ひとつ変わらないというのだ。
 たしかに筆者の友人にもフーゾク嬢と付き合って結婚に至った人間がいる。もちろん、世間の偏見がゆえに過去を公にしているわけではないが、キッカケはフーゾクであった。彼らは子供をもうけ、仲むつまじく暮らしている。それが見せかけの幸せだとは到底思えないのである。
 フーゾクの現状をポジティブに捉えた本書を読めば、改めてその素晴らしさを実感できるにちがいない。
(文=中河原みゆき)

ソース
http://www.menscyzo.com/2014/12/post_8856.html