【ニュース】風俗嬢に英語教育?!【国際化】

Pocket

post_5315_soap

毎年増え続けている外国人旅行客。もともとは外国人お断りの風潮があった風俗業界も国内の経済不振に悩まされ外国人のお客さんを取り入れるようになっているお店も少なくない。
そもそも日本人女性は世界では大人気で外国人旅行客の中には日本人女性とエッチがしてみたいと思ってる人も多くいるはず。
東京五輪開催期間になれば世界中から観光客が日本をおとづれるため、今から英語教育を施すのは妥当なことなのかもしれない。

日本政府は2003年、ビジット・ジャパン・キャンペーンと冠して外国人の訪日旅行を促す事業を実施し、外国人観光客を積極的に受け入れ始めた。キャンペーン開始当初、年間500万人ほどだった訪日観光客は800万人ほどまで順調に増加していたが、08年のリーマン・ショックや11年の東日本大震災の影響で、600万人台にまで落ち込んだ。12年からは再び増加に転じ、昨年は1000万人を突破した。このことを受けて、日本政府と国内の観光産業は外国人誘致にいっそう力を入れている。

増え続ける外国人観光客を取りこぼさないようにするため、従業員に英語の学習を推奨する企業が増え、中には積極的に英語教育を実施する企業もある。

この流れは20年開催の東京オリンピック頃まで続くと見られている。英語に力を入れているのは、接客業など外国人と直接コミュニケーションを取る業界が主ではあるが、実は意外にも、風俗業界でも英語教育が熱を帯び始めている。

 

続きはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。