【ニュース】戦後の法律「興行場法」で見学店が摘発【JKビジネス】

Pocket

news2582647_6
画像出典:http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2582647.html

興行場法は、戦後まもなく制定された古い法律だが、これまではあまりニュースで話題になることもなかった。どんな法律なのだろうか。

興行場とは、映画館や劇場など「興行」を行う施設のことだ。条文を見ると、映画館や劇場などの施設について「公衆衛生」の見地から規制する法律ということがわかる。興行場の営業には「都道府県知事の許可」が必要で、興行場はトイレの整備や換気、照明、防湿などの義務を課されることになっている。

そんな興行場法で見学店が摘発されました。

「興行場にあたる」と判断し、許可を取るように指導した。その後、6つの施設は廃業するか、業態転換したが、今回摘発を受けた店舗は、指導後も無許可で営業を続けていた。

児童買春、いわゆるJKビジネスの温床になるとの考えで摘発したかったようですが、その見学店では成人女性が働いており理由がなかったのでこんな古い法律を持ち出してきたようです。
逆に見学店が興行場法の認可を得て合法で商売始めちゃったらどうするんですかねw

以下ソース

セーラー服やスクール水着などを着た若い女性の姿をマジックミラー越しに見せる「見学店」の経営者男性(52)が、「興行場法」違反の疑いで警視庁に逮捕された。見学店が同法違反の疑いで摘発されるのは、全国初という。

報道によると、男性は、秋葉原の「見学店」を無許可で経営していた疑いで、9月9日までに逮捕された。摘発された当時、個室に入った男性客3人が女性7人のパフォーマンスを見ていた。女性は全員「成人」だったという。

千代田保健所は警察からの情報提供を受けて、今年5月、秋葉原の見学店に一斉立ち入り調査を実施。7店舗について「興行場にあたる」と判断し、許可を取るように指導した。その後、6つの施設は廃業するか、業態転換したが、今回摘発を受けた店舗は、指導後も無許可で営業を続けていた。

●今回の摘発の背景には「JKビジネス」がある?
興行場法は、戦後まもなく制定された古い法律だが、これまではあまりニュースで話題になることもなかった。どんな法律なのだろうか。

興行場とは、映画館や劇場など「興行」を行う施設のことだ。条文を見ると、映画館や劇場などの施設について「公衆衛生」の見地から規制する法律ということがわかる。興行場の営業には「都道府県知事の許可」が必要で、興行場はトイレの整備や換気、照明、防湿などの義務を課されることになっている。

今回は、若い女性の姿をマジックミラー越しに見せる施設が「興行場」にあたるにもかかわらず、「許可を取らずに営業した」という容疑で経営者が逮捕されたわけだが、なぜ、いまごろになって「興行場法」が問題になったのだろう。

新聞の報道によれば、見学店摘発の背景には「JKビジネス」をめぐる警察と業者の攻防があったようだ。わいせつ事件に詳しい奥村徹弁護士は、次のように分析する。

「今回の店で働いていたのは成人女性だったようですが、警察としては、見学店が『児童買春の温床になる』と考え、類似の業態まで一掃しようとしているのでしょう。

続きはソースで」:http://www.bengo4.com/c_1009/c_1199/n_3673/

< P R >
セクサロイドな彼女 ダウンロード販売
夏のオトシゴ ダウンロード販売

コメント下さい

匿名投稿可能。メールアドレスを記入した場合管理者にのみ通知されます。タレコミ・リクエスト大歓迎。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>