【ニュース】親子がデリヘルで働く理由。風俗と社会保障【老後破産】

Pocket

過去、当サイトでも記事にしてきた女性の貧困問題。

【風俗がセーフティネット】

【普通の生活がしたい女性の貧困問題】

【社会保障に頼れず風俗嬢に】

今回もまた衝撃的な話がありました。

女性の貧困問題に加え、老後破産という要素も関わってくる内容です。

dsc02484

32歳の娘と64歳の母親が共にデリヘルで働いているという事例があるようです!

親子丼だぁ~♪などど無邪気にはしゃぎたいところではありますが、事情を聞くと切羽詰まったものがあるようです。

やはり難しい問題でムヤミに推奨するわけではありませんが、風俗で働くという事が最後の砦となるのであれば…このような事があってもいいかなと個人的には思います。

そして母親の
「この年になったら別に……。とりあえず、生きていければいい」
という言葉は本人はさり気なくふと漏らしたらようなものなのかもしれませんが、こういう状況で生きる女性たちの言葉を代表しているようにも聞こえます。

選ぶのは本人ですから、風俗で働くという選択肢があってもいいのかな?とは思いますが…

ソース
http://www.news-postseven.com/archives/20150913_349022.html

< P R >

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。