【風俗ネタの取り扱われかた】西村賢太【風俗好き芥川賞作家】

Pocket

男にとって風俗ってなんなの?

 

男の普遍的な楽しみ、女遊び。楽しみというよりは生理的な欲求といっていいのかもしれません。
最古の職業として男性は傭兵、女性は売春なんて説を唱える人もいますが、それが正しいかどうかは別にしても古くから需要のある業種だった事は想像に難しくありません。

大昔から時代と共に姿形を変えて今は身近なモノとして風俗遊びがあります。
しかし現代の風潮としてあまり大声で風俗遊びについて語れる場は多くありません。(気心の知れた男友達との会話くらいでしょう)そのような場は少なくとも興味がある男性は多いはず!
その証拠に男性誌を始め、物語の題材、最近ではテレビなどでもチラホラ風俗ネタがを目にする機会が増えました。

興味はあるけど行った事はない、ライトユーザー、ヘビーユーザー、とてもじゃないけど口にできない事をしてる人、等々、楽しみ方遊び方は人によって様々です。
風俗という業種自体もどこを切り取るかによって、男性の性欲の発散の場なのか?お金を介した恋愛ゲームなのか?ビジネスなのか?男を磨く場所なのか?様々な面が見えてくると思います。

このコラムでは風俗が各媒体や物語のなかでどのような題材になっているのか?一般社会からどう見えているのか?男にとって風俗とは何なのか?を様々なサンプルを介して浮き彫りにしていきたいと思います。

風俗ネタ取り扱い方 第1回 西村賢太先生の作品

現代を代表する私小説作家、西村賢太先生。芥川賞受賞の知らせを受けた時のコメント「そろそろ風俗に行こうと思っていた」のインパクトは強烈で覚えていた人も多いでしょう。
私小説家というだけあって、西村先生の著作を読むと自分の経験を題材に小説を書いています。
主なテーマは尊敬する大正期の私小説家、藤澤清造に関する事、女性に関する事、お金がなかった頃の話などです。

西村先生がコスプレを表現すると…

その中でも私が好きなのは風俗のお話し。かなり詳細に書かれています。
中卒作家というイメージが強い西村先生ですが、古い小説をかなり読み込んでいるので、使用する漢字や表現方法はかなり独特なものです。(とある書評家曰く、漢字の勉強になるとのこと)
イメクラのコスプレを「金色ビキニの蠱惑的パンツ」という表現などはさすがと妙に感心してしまいました。

ソープ嬢に騙されてしまう話、家賃滞納してまで風俗に行ってしまう話などから西村先生の人生の中で大きなウエイトを占めているのを感じます。

412nyvNlKsL
出典 amazon 金色ビキニが出てるのは同書収録の膿汁の流れ

勿論、実際にそのような人も多くいる事でしょうけど、西村先生のような立場ある方がそこまで熱く語って(書いて)くださる事に感動を禁じ得ません。
今後も新作が出る度に風俗ネタがあるかどうか?私は気にしていきます。

ゆくゆくは変態プレイも期待

他人の趣味嗜好にどうこういうのは野暮というものですが…著作を読むと、本番行為系の裏風俗が多いような気がします。
それはそれで一番ストレートな欲求の満たし方でいいとは思いますが、風俗業界のジャンルが細分化しているので、西村先生にももっと変わった変態プレイをしてほしいです!
(しかしこれに関しては書いていないだけで、自分の事を知ってたらノーマルプレイ、知らなかったら変態プレイをお願いする趣旨の発言もしておりました)
今後に期待をしたい次第です!

男の本音を代弁

今回は主に風俗ネタについて書きましたが、その他発言にも西村先生の凄みは迸っています。
芥川賞受賞前からの読者でしたが、変に高名になって切れ味が鈍ってどうしよう?とファンにありがちな心配をしておりましたが、その後の活躍ぶりを見るとそのような心配は無用のようです。
私は直接見ておりませんが、国民的番組笑っていいともに出演した時、お金さえあれば独身は楽しい。結婚して老いていく嫁を抱くより、若い女性をとっかえひっかえ楽しんだほうがいいというような旨の発言をしたと聞きました。それを見た男性は眉をひそめ、苦笑いしながらも心の中で「そうだよな…」「羨ましいよな…」とついつい思ってしまった人も多いはずじゃありませんか?

風俗遊びの描写ページの割き方、作品に登場させる回数、イチ風俗ファン目線を純文学にぶち込んでくれる作家はそうはいません。
今後も西村先生の風俗をネタにした小説等はチェックしていきたいと思います。

ウィキペディア
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E6%9D%91%E8%B3%A2%E5%A4%AA

Amazon
http://www.amazon.co.jp/%E8%A5%BF%E6%9D%91-%E8%B3%A2%E5%A4%AA/e/B004LOM57C

NAVER まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2133369771524757001

11 thoughts on “【風俗ネタの取り扱われかた】西村賢太【風俗好き芥川賞作家】

  1. Pingback: 【連載】風俗ネタの取り扱われかた 第2回【風俗と貧困女性】 | 風俗速報

  2. Pingback: 【連載】風俗ネタの取り扱われかた 第3回【匿名の彼女たち】 | 風俗速報

  3. Pingback: 【連載】風俗ネタの取り扱われかた 第4回【快楽亭ブラック イメクラ五人廻し】 | 風俗速報

  4. Pingback: 【風俗ネタの取り扱われかた】さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ【永田カビ】 | 風俗速報

  5. Pingback: 【風俗ネタの取り扱われかた】神は局部に宿る【都築響一】 | 風俗速報

  6. Pingback: 【風俗ネタの取り扱われかた】ドM風俗マンガ【エムさん。】 | 風俗速報

  7. Pingback: 【風俗ネタの取り扱われかた】絶頂時にくも膜下出血!実話風俗漫画くも漫。【中川学】 | 風俗速報

  8. Pingback: 【風俗ネタの取り扱われかた】震災風俗嬢【小野一光】 | 風俗速報

  9. Pingback: 【風俗ネタの取り扱われかた】光ラズノナヨ竹【壇蜜】 | 風俗速報

  10. Pingback: 【風俗ネタの取り扱われかた】昼、介護職。夜、デリヘル嬢。【家田荘子】 | 風俗速報

コメント下さい

匿名投稿可能。メールアドレスを記入した場合管理者にのみ通知されます。タレコミ・リクエスト大歓迎。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>