【ニュース】ホストクラブにハマる女性。貢ぐためにデリヘル??【ホストクラブ】

Pocket

photo003

ホストに限らずお金を貢いで貰ってる人って世の中多いと思う。
母子家庭とか言うワードを使って自分で選択してホストに貢いだ女性を苦しんでいるなんて言っちゃうあたりがさすが蛯名泰造氏。

以下ソース

風俗嬢として働きながら生活保護費を不正受給していた女が逮捕された。今月29日、京都府警に捕まったのは京都市伏見区の41歳の女。14年6月から15年1月までに87万円を受け取った疑いだ。女は「ホストに貢ぐためカネが必要だった」と供述しているという。

「女は京都市内のホストクラブにはまり、店のツケやサラ金の借金があった。携帯電話を送れば融資を受けられるという話を信じて業者に自分の携帯を送ったものの、満足な報酬を受けられなかったため京都府警に相談。不正受給がバレてしまったのです。女は昨年4月から広島、岡山、米子などを渡り歩いて本番OKのデリヘルに勤務。9カ月間で497万円稼いでいたのに無収入と申告していた。ホストのためにデリヘルに転落したようです」(捜査事情通)

■カモは母子家庭の女性たち

 ホストが女性客に借金をさせ、知り合いの風俗店で働かせるのは昔からある手口。最近はさらに巧妙化している。風俗ライターの蛯名泰造氏が言う。

「ホストが借金のある女性にニセの妹を紹介し、“俺の妹だ。妹は風俗嬢でいろんな店を知っている”と説明。女性は本物の妹と信じ、ホストに“俺と結婚したら、おまえの妹になる”と言われて胸キュンになり、ニセ妹に紹介された風俗店に入店するパターンです。自分の誕生日にパーティーを開いたホストが“費用は街金に300万円借りた”と女性客にウソをつき、ニセの取り立て屋から“金返せ”と脅される姿を見せる手もあります。女性は借金して工面したカネをホストに渡し、ホストは女性を風俗業者に紹介するのです」

「客のA子は俺のためにヘルス嬢になった」とウソをつかれたOLがライバル意識むき出しで、もっと稼げるソープ嬢に転身するケースも。カモの女性客に生パンティーを売らせ、次に時給3000円のライブチャットで裸にさせるなど少しずつ大胆な行為に慣れさせ、最終的に風俗やAV嬢に導く方法もある。

「カモになりやすいのは地方から出てきたばかりの“無農薬女”や、親にお金の相談ができない母子家庭の子たち。貧しい女の子が苦界に沈められているのです」(蛯名泰造氏)

 血も涙もない世界だ。

ソース
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/newsx/156859/